プロジェクト前のブレインダンプ

プロジェクトを始めるとき、頭の中にある情報や思考を全て書き出して、まずは吐き出しきる作業を行うと効果的です。これを「ブレンダンプ」と呼びます。

頭の中には、プロジェクトに関係ないことも含め、ありとあらゆる情報で混沌としています。
ある物事を考える時、プロジェクトを実施するときは、始める前にそのテーマに関した情報を頭から全て抜き出しきることが大事です。そうすることで、頭がそのテーマに集中することができ、更に書き出すことで考えても思いつかなかった関係性やアイデアが生まれることがあります。

複数名で実施するときは、決して「合意形成をしない」ことです。各人の隠れていた情報を表に出すことが重要ですので、決して他人の意見を否定せずに、声に出し、書き出し、外部化・中立的な考えや情報として出し切ることが求められます。

また、ブレインダンプは、正しいか間違っているかを判断するものではありません。自分の考えが間違っているのではないかと恐れる必要はありません。ポストイットなどでホワイトボードに貼りだすことで、誰の意見かを分からなくするのも一つの手です。みんなの頭の中から情報を吐き出したら、そこから新しい関係性を見つけ、今まで思いつかなかったアイデアを作りだしましょう。

ブレインダンプする際に気を付けることをまとめると、
自分の気持ちに忠実に発言や書き出しを行い、

●自分がしてはいけないこと
・現状の延長線上だけで考える
・「出来る訳ない」と決めてかかる
・出来ない理由を先ず探す
・既知のこととして片付ける
・自分の気持ちを隠して無理をする

●他の人にしてはいけないこと
・批判する
・自分の都合を第一に考える
・自分のところになるべく仕事が来ないような立ち振る舞いをする
・権威で威圧する

に気を付けて、建設的な意見の積み上げを行っていくことです。

関連記事

  1. なんちゃってスタートアップ

  2. 人間は言葉で表せる以上のことを知っている

  3. 文字の発明とメンテナンス

  4. 記録って、案外難しい。。

  5. 資料でのグラフや表の使い方

  6. 「呉子」から学ぶ「事業運営方法」

  7. 「CS」と「CX」の違い

  8. ⊿が流れをつくる

PAGE TOP