降雪

今日は名古屋でも朝に雪が降り、街中も白く雪が積もりました。昼過ぎには晴れ、道路の雪も殆どなくなりました。
全国的に大雪の中、今週で今年も終わります。

ホテル業をやっていると、GWや年末年始なども特にお休みな訳はなく、普通に31日は金曜日の平日としてホテルの支配人をやっています。

今年も1月からコロナ禍に見舞われ、昨年よりもダメージの大きい年となりました。

10月から現在までは、比較的に回復していますが、コロナ前と比べると全然及びません。宿泊業で利益を出すには、最低でも建物・土地をオーナーとして持っていない限りは、ほぼ難しい状態です。

鉄道会社など、ホテル以外の事業を持っている会社の場合は、マンションなどの不動産事業が悪くない為、そこまでダメージは大きくありません。実際に東京のある私鉄本社に行ってきましたが、ホテルはインバウンドが来たらウハウハな為、赤字でも全然続けますよと言っていました。

一方で、ホテル事業単独でチェーン展開している会社の場合、建物や土地は借りている場合が多く、赤字が異常なレベルで2年間継続して出てしまっています。追加借入の返済タイミングの来る2年後の夏に、この業界がどうなっているのかが心配です。

パナソニックの松下幸之助が話す「ダム経営」はこうした時になるほどと思います。

ダム経営とは、経営に必要な人・モノ・金に余裕を持った経営をする方法のこと。例えば、工場で機械が100%動いていなければ利益が出ないようでは、何かがあればすぐに利益が出なくなる。そうではなく、80%稼働でも利益が出るようにしなければいけない。人も同様。社員の80%が働けば利益が出るようにする。資金についても、例えば、銀行から融資を受ける時にも、返済に余裕があるようにすること。

コロナ前の利益が出ていたタイミングで、毎年保険の積立を行っていて良かったと思いました。

余力のある時にダムの水を貯め、必要となればダムから放水する。事業を継続するには、走るペースを落とす時と上げる時を見定めて、スタミナ切れにならないようにすることが肝要と痛感しました。

雪が降り、路面が凍っている時に走るペースを上げてしまえば滑って事故になってしまいます。雪が止み、路面が走りやすくなった時に、初めて走るペースを上げれば良いのです。

今は路面が凍結している時期かもしれませんが、来年以降、走りやすくなる環境も出てくるかと思います。そのタイミングでしっかりと走れるように、今の内に日々地道に準備運動をしておこうと思います。

関連記事

  1. 政治家との対話

  2. コロナ明け前

  3. 見えない情報

  4. 緊急事態宣言の延長

  5. KSFやKBFを意識すること

  6. 「仮説」って意味あるの?

  7. 会社設立前を振り返ってみました。

  8. アフターコロナと宿泊業

最近のBLOG

  1. 2022.01.24

    脳疲労
  2. 2022.01.17

    血流
  3. 2022.01.13

    不惑
  4. 2022.01.5

    笑顔
  5. 2021.12.27

    降雪
PAGE TOP